テニス観戦写真 別館


Twitter
プロフィール

rheinturm

Author:rheinturm
ATP観戦大好きな美咲です。
生観戦に行った時の写真は主に「観戦写真 本館」に公開していますが、別館は動画やテニス記事、ドイツの生活なども紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デ杯イタリアWG入れ替え戦進出!!
5月7日(金)~9日(日)の3日間、デ杯のゾーングループ2回戦が行われました。
その中で私の応援するボレリが出場したイタリアチームはヨーロッパゾーンⅠでオランダと対戦。

オランダは最近好調のデ・バッカーを軸として、怪我をする前はトップ50目前だったハーセをシングルスに起用。どちらもビッグサーブを持っていてハードコートが得意な選手です。
対するイタリアは本来ならエースのはずのセッピがツアー優先のため辞退、現在のランキングでイタリアNo3のフォニーニもツアーに出ていて、No2のスタラーチェとNo5のボレリがシングルスとなりました。ボレリは今回のデ杯メンバーの中でもランキングでは3番目なのですが、ハードコートが得意なことが買われたのかエース的扱い。
スタラーチェはクレーが得意だしキャリアハイで考えれば妥当なところです。

しかしアウェイでハードコートでセッピがいないとなると、苦戦を強いられることが予想されました。特にデ・バッカーは調子が良く、ボレリやスタラーチェが負けることも十分考えられる。そうなるとダブルスで1勝を挙げて、シングルスで各選手が1勝を挙げないといけません。要するにハーセ狙いです。
私は3日目まで縺れることを予測して日曜日のチケットをネットで購入していました。(3日目に撮った写真があとで出てきます。)

ところが蓋を開けてみると2日目までにイタリアが3勝を挙げて早々とWG入れ替え戦進出を決めてしまったのでした。
まずデ・バッカー対ボレリはボレリの調子が良かったこととデ・バッカーに若干の疲れとプレッシャーがあったためにプレー中に転倒して足を捻るというアクシデントがあり、ストレートでボレリが勝利しました。
スタラーチェ対ハーセは2セットを先取したスタラーチェにハーセも食い下がり1セット返して望みをつないだものの、第4セットはタイブレでイタリアが取り初日に2勝という大きなアドバンテージを握ったのです。

2日目のダブルスにイタリアは勝負をかけてきました。予想されたことですが、ボレリ/スタラーチェがプレーをすることになりました。オランダもメンバーを変えてサイスリング/ハーセで臨んできました。
ダブルスはまずオランダが1セット先行。しかし前回デ杯で勝利の鍵となるダブルスで勝ち星を挙げたボレリ/スタラーチェは普段のツアーでも時々組んでいて非常にチームワークがいい。この試合は見られませんでしたが、ボレリが絶好調だったようです。結局第2セットから3セット連取したイタリアが2日目にして勝ちを決めたのでした。

3日目の2試合はデッドラバーと呼ばれる消化試合になってしまいました。そうなるとボレリもスタラーチェも試合には出てこないでしょう。行こうかどうしようか迷いましたが、ボレリに会いたいのでやっぱり行くことに。日帰り往復500kmのドライブ+帰ってきてから少し仕事というハードな日程でしたが、どうしてもおめでとうを言いたかったのです。



daviscup0098.jpg
daviscup0115.jpg
daviscup0114.jpg
daviscup0100.jpg
R5のハーセ対ブラッキアリは7-6,7-5のストレートでハーセが勝ち、1勝をあげました。
R4の写真はありません。サイスリングとロレンツィにあまり興味がないせいもあるけど、この試合が終わるまでボレリの姿がなく会えないかと思って写真を撮る気もなくしていたので・・・

daviscup0078.jpg
daviscup0096.jpg
daviscup0088.jpg
daviscup0039.jpg
ほんとに焦らせないでよね。初めの試合に全然姿を見せなかったので、一足先に帰ってしまったのかと思ったよー。あまりのつまらなさに次の試合を見ないで帰ろうかと思ったけど思いとどまってよかった。

daviscup0051.jpg
daviscup0047.jpg
daviscup0045.jpg
daviscup0042.jpg
daviscup0070.jpg
上からオランダのデ・バッカー、サイスリング、フタ・ガールング。フタ(Huta)ちゃん、左手の薬指に指輪してるけどまさか結婚してる??

daviscup0124.jpg
ポティ(スタラーチェ)の写真はこれしかうまく撮れなかった。でもかなりアップで男前に撮れました。ここは選手たちの出口で、イタリアのサポーターが彼らを待っていたので私も便乗。ボレリが出てきたらサポーター達(男3人)は1人ずつ両頬をくっつけてハグして勝利を喜んでたんだけど、その隣にいた私の前に来たとき一瞬ボレリは迷ったような顔。私が求めたらハグしてくれた感じだったのに、緊張して固まってました。そうしたらじゃあねと言って行ってしまうところだったので慌てて「写真を・・・」と言って2ショットを撮らせてもらいました。その2ショットをブログの新しいプロフィール写真にしました。

daviscup0128.jpg
daviscup0129.jpg
daviscup0135.jpg
daviscup0136.jpg
daviscup0137.jpg
daviscup0133.jpg
daviscup0134.jpg
最後はまたまたイタリアのサポーターに付いていって、ボレリのお見送り。かわいかったなあ。いつもちょろちょろ邪魔なヤツだと思っているかもしれないけど、好きなんだもん。温かい目で見てください。



・・・とまあ、こんな感じのオランダ日帰り旅でした。
イタリアチームのみなさん、WG入れ替え戦も頑張ってね!!!

5月11日追記:先ほどWGプレイオフのドローが発表されました。イタリアの相手はスウェーデン。しかもアウェイかあ・・・かなり厳しい。。。でも頑張ろうね!


アンディ、マイアミ優勝おめでとう!!
久しぶりのマスターズ1000優勝おめでとう!!

KEY BISCAYNE, FL - APRIL 04: Andy Roddick of the United States holds up the trophy after defeating Tomas Berdych of the Czech Republic in straight sets to win the men's final of the 2010 Sony Ericsson Open at Crandon Park Tennis Center on April 4, 2010 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)



マイアミ決勝 ロディックvsベルディフ 7-5、6-4

約2週間に渡ってマイアミで開催されていたマスターズ1000マイアミは、見事アンディ・ロディックの優勝で幕を閉じました。前週行われていたインディアンウェルズでは惜しくも優勝を逃したアンディでしたが、今回は最後まで程よい緊張感を保ち落ち着いたプレーでベルディフをストレートで下しました。

マスターズ1000の優勝は2006年のシンシナティ以来実に4年ぶり。常にTOP10にいて毎年最低1タイトルは取っている安定した成績ではありましたが、ここ数年は大きなタイトルには見放されていました。
しかし今年のアンディは一味違う。どの大会でもQF以上に進み、今年のタイトルは2つ目。ファイナル進出も2度あり好調ぶりが窺えます。

今年は大好きなデ杯にも出ないことを明言し、自分のキャリアに専念する決意を固めているアンディ。それというのもキャリアの4大ドリーム「世界No1」「全米優勝」「デ杯優勝」「WB優勝」のうちのたった一つ欠けている「WB優勝」の悲願を達成するため。
昨年はあと一歩のところで逃したWBのタイトルを今年こそは掴みたい。今の調子ならば今年は最大のチャンスだと思います。

目標に向かって常に努力を惜しまないアンディ。ベテランの域に入った今でも少しずつ進歩を遂げています。きっと今年こそWBのカップを掲げることができる、そう信じてこれからも邁進してください。

アンディ、本当におめでとう!!

そしてベルディフの今大会の活躍も目を見張るものがありました。もうメンタルが弱いなんて言わせない、そんな試合ぶりが頼もしかったです。あなたもいつかはマスターズ1000やGSタイトルを取るでしょう。少しでも早くその時が来ますように・・・

訂正ベルディフはパリ(ベルシー)のインドアハードでマスターズ1000のタイトルを取っています。早く2つ目が欲しいですね。

ベルディフ、準優勝おめでとう!!





ロッテルダム観戦報告
すでに今週もマルセイユ・メンフィス・ブエノスアイレスで大会が行われていますが、2月7日・8日の2日間でロッテルダムの予選Finalと本戦1回戦の一部を観戦してきました。
しかし観戦記が書けるほど試合を見ていないので、一応ご報告だけしてみます。

まず2月7日(日)は予選最終日でした。ボレリが予選に出場していて本戦入りをかけた試合を見たいということでロッテルダム行きを決めたのですが、なんと予選1回戦でリタイア負け。
ライブスコアで見ていても棄権の理由がわからないので、全豪の時にしていたテーピングから左膝が悪化したものと推測していました。
それでもせっかくなので観戦に行くことに。でも予選Finalの試合の組み方に物申す!4試合しかないのに午前11時から2つのコートで2試合を行うなんてひどいじゃないか!これでは2試合しか見れません。
そりゃあ10ユーロしか払ってませんよ。でも本戦入りをかけた試合なのだから1つのコートで4試合やって欲しかった。・・・といいつつボレリが負けたので家を出る時間を少し遅らせて、着いたのは第1試合の半ば頃でしたけど。

予選はセンターコートは使わずに第1・第2コートで行われました。地元オランダの選手が3人出ているとあって、観客もそこそこ入っている。私が見たかった試合は第2試合に重なってしまったので、コート1のオランダ人対決も気になりながらコート2のゴルベフ対ハエックへ。
ゴルベフはさっくり2セットで勝たなければいけない試合をフルセットにしてしまいました。ハエックは第2セットですでに疲れが見えていました。それでも力を振り絞ってフルセットに持ち込んだ。しかし最後は力尽きました。

結局この日はこの1試合しか見られませんでした。練習コートにも目ぼしい選手は現れない。見かけたのはズベレフ、ノーマン、ノウル、ベネトー、セッピなど。いつもセッピと練習するボレリの姿がなかったので、やはり怪我して帰ってしまったのだとガッカリ。無理して来なくてもよかったかなーなんて思ってしまった1日目でした。

本戦初日のOOPを見てセッピ→ティプサレビッチ→ソダリン→ロブレド→ズベレフと試合を見ていこうと予定を立てて早めにホテルを出発。ところが早く着きすぎて開場時間までしばし待たされることに。
10時開場と共に練習コートに行ってみたけど、目ぼしい選手はいない。仕方がないのでダブルスのノーマン・カス組の練習を座って見ていました。
11時からはセンターコートでセッピ対Bohliを見ました。出だしはセッピが圧倒していてBohliはセット間にMTOを取っていたのに、第2セットはセッピがぴりっとしないプレーでリードしていたのを一時追いつかれるなど不安定。最後は突き放したけど、試合内容は満足のいくものではなかったです。

ここで練習コートを覗きに行くと、第1コートでジョコビッチとトロイキが練習していました。そして写真を撮っていた時・・・見たことある人がいる・・・あれは確かボレリのコーチだ。ん?その側にいる赤いTシャツの人ボレリに似てるけど誰だろう??ま、まさか!?
コートの向こう側にいる赤Tシャツにカメラのズームをしていくとそれは紛れもなくボレリでした。うそっ!
慌てて向こう側にまわって近づいていくと、ボレリはこれから練習を始める様子。しばらく眼中になかったけど相手はバグダティスです。きゃあ~うれしいよ~。会えないと思っていたのに・・・。
まさかの展開に心臓はドキドキ。嬉しくて涙が出そうでした。

このあとは当然ボレリの写真を撮りまくり。インドアで(フラッシュはいけないし)うまく撮れないことがわかっていたので、できるだけたくさん撮ってきました。練習のあとには2ショットもゲット。
そうこうしているうちにティプサレビッチの試合は中途半端になってしまったのでちょっとショップで買い物をしてからキ(ウ)ディネリ・Gロペス対ポーランドペア(名前は面倒なので省略)の試合を見に。

第1セットが終わったところでそろそろロブレドあたりが練習しているのでは、と思い再び練習コートへ。
そこでまたまた驚いた。コート3でボレリが練習してる。(笑)今度の相手はゴルベフです。
このコートは球が飛んでこないようにネットが貼ってあるので写真はほとんど撮れず、おとなしく練習を見学しました。
この時ボレリの写真を入れたミニアルバムを持っていたので、練習後に渡そうと近づいたのですが・・・なんとボレリはそのまま隣のコートへ移動。今度はジョコビッチと練習を始めた。(笑)

3回も練習していることや練習中の様子から、リタイアは怪我ではないらしいと考えられました。きっと体調が悪かったのでしょう。そのため前日の日曜日はコートに現れなかったのだと思います。
練習後にはジョコと談笑する場面もあり、元気な姿が見れてちょっとほっとしました。

元気そうに練習していたボレリ


そんな事情でデイセッションの試合は結局第1試合のセッピと、キディネリ&Gロペのダブルス1セットしか見ないうちに終了。

ナイトセッションはまずロブレド対地元のエースのロビン・ハーセ。ハーセは昨年怪我で半分以上シーズンを棒に振って復帰したばかりです。そんなハーセが健闘したものの、やはりここという場面はロブレドが押さえてストレート勝利となりました。
最後はミーシャ(ズベレフ)対オランダの予選通過選手サイスリング。予選Finalでは同国のフタ・ガールングと対戦し、ランキングでは格上のガールングを破って本戦入りしました。私はフタちゃんのほうに予選通過して欲しかったんだけど・・・。
第1セットはミーシャがSFSを迎えたにもかかわらずブレイクされてしまい、どうしてもこの日中に帰らなければならなかった私はここでミーシャを見捨てて帰りました。その後結果をチェックしたらやっぱり負けてたよ。。。

結局はボレリに会いに行ったようなものだったロッテルダム。写真はボレリ以外はあまりたくさんはないのですが、後日テニス観戦写真本館のほうにアップ予定です。

この記事を書いている途中でマルセイユの1回戦、ボレリはスタコフスキーに惜敗しました。いつになったら今季の初勝利が見られるのか・・・。でもめげずに応援していきます。Forza Simone !!



新年のごあいさつwith未公開動画

明けましておめでとうございます!!


昨年はあまり更新もしない当ブログにお越しいただきありがとうございました。もともとこちらは観戦写真をアップしているサイトの別館で動画アップを目的に作りました。
時々はテニス記事やドイツ生活なども書いていますが、更新は気まぐれ。それでも見てくださる方がいらっしゃると書くほうも頑張り甲斐があります。

さて、とうとう年内には終わらなかったシンシナティ観戦写真。まだ決勝の分が残っています。
そして写真の整理をしていて、まだアップしていない動画があるのに気付きました。そこでこれらの動画を新年のごあいさつに代えて公開いたします。


まずはナダルの練習。これは5日目QF前の練習です。



こちらはQFのマチュー戦。コートサイドの2列目で観戦しました。



ダブルス決勝ブライアンズ対ネスター/ジモニッチ組。優勝が決まる場面です。




今年こそはもっといい動画が撮れるように頑張りたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


シンシナティ2009 動画その2
シンシナティの動画の続きです。といっても、今回はあまり動画を撮らなかったのでこの4つでおしまいです。後悔したのはもっとサフィンの映像を撮っておくべきだったってこと。気が変わってくれたら嬉しいけど、今のところ来年はもう会えそうにありません。寂しいなあ・・・。
なんてしんみりしちゃダメですね。ほんの短い時間だけど、試合中のサフィンの映像を楽しみましょう。ロペスの試合とロディックの練習もあります。


2回戦のステパネク戦。フルセットになりましたが、残念ながらここで敗退。



1回戦ロペス対メルツァー。こちらも残念、競りましたがロペス敗退。



ロディックの練習。急遽グランドスタンドでやることになりました。



これもロディック。すでにシャツは汗だくで色が変わってる。。。


写真のアップがなかなかできなくてつなぎに動画をアップしてきたけど、もうネタ切れなので写真を何とかしなくては。大体シンシナティは夏の大会だったのにもう秋を通り越して冬だよねえ。今年撮った写真は今年中にアップすることを目標にします。頑張れ~自分。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。