テニス観戦写真 別館


Twitter
プロフィール

rheinturm

Author:rheinturm
ATP観戦大好きな美咲です。
生観戦に行った時の写真は主に「観戦写真 本館」に公開していますが、別館は動画やテニス記事、ドイツの生活なども紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベルガモチャレンジャー観戦旅行記 その1
3月2日、3日とイタリアのベルガモで行われたチャレンジャー大会を観戦してきました。
チャレンジャーを見るのも初めてですが、ヨーロッパに20年近くいながらイタリアに足を踏み入れるのも初めての私。噂に聞くとベルガモはイタリア語しか通じないらしい。
ボレリとイタリア語で話をするのを夢見て、イタリア語を勉強しようと思ってはいるけどまだ思ってるだけの私がベルガモで困った事にはならないか、そんな不安を抱きながらいざ出発!!

ベルガモには空港があるのですが、ローカルな空港で国際便は飛んでいない模様。デュッセルドルフからはミラノ(マルペンザ)空港まで飛んで、そこからベルガモまでは約100Kmくらいです。
朝7時の便でミラノに向かい、到着は8時半過ぎ。鉄道のチケット売り場に行くと、ベルガモまではまずシャトルバスでミラノ中央駅まで行き、そこから電車に乗れとのこと。
9時のバスには乗れず、9時20分に乗りミラノに向かいます。

バスでは一番前の席に陣取り、イタリアの高速道路を走る車を眺めていました。そこで思ったこと。イタリア人の運転は怖い。バスの運転手さんはプロだからそんなことはないけど、みんなウインカーも出さずに割り込んでくるし、マイペースでトロトロ走っている車との車間距離を縮めても全く意に介さずスピードを上げない。ぶつかるかと思った。私はここでは運転できないな。


そんなことを思っているうちにバスはミラノ市内に入っていきます。そしてしばらく走って停留所到着。一番前にいた私は真っ先に降りる準備。周りの人たちも降りようと立ち上がってる。降りました。しかし、「ここはどこ?駅はどこ?」
・・・・・・おかしい・・・・・・。駅が見当たらない。そういえばバスにはたくさんの人が乗っていたのに、降りたのは10人くらいだったような・・・。
不安に駆られそこにいた人に駅を尋ねたところ「ここはミラノ(中央駅)じゃないよ。駅は遠い。」だって。しまった、一つ前で降りてしまったんだ。
気が付くべきでした。中央駅にしてはさびれてると思ったんです。でも裏口に着いたのだと思っていた。痛恨のミス!

ふと見ると、目の前の人がタクシーを捕まえて何か聞いています。でも乗らないようなので近づくと、運ちゃんは乗れと手招き。「ミラノ中央駅」と言ったら頷いている。これは乗るしかありません。こうして7ユーロのシャトルバスを途中下車してしまった私は、タクシーに13,5ユーロ払ってやっと中央駅に着いたのでした。

中央駅の切符売り場は込み合っていて、並んで待つことしばし。予想通り日本人観光客もいっぱいいます。特に若者グループ。「地球の歩き方」を広げて自動販売機で切符を買おうとしていたけど、挫折したか結局列に並んでる。

ベルガモまでは片道4,2ユーロで次の電車まではあと30分弱。ゆっくりトイレに行って、カメラ用の電池を売っている店を探し購入。場所がわからずウロウロしていると意外と時間が経つのが早い。あと10分弱となり電車のホームに行こうとしてハタと立ち止まった。電車は22番線から出発だけどホームが21番線までしかない・・・。そんなばかな。
焦って駅員を探すも、こういうときに限って駅員がいません。やっと見つけて聞くと21番線の奥を左に行けと言う。21番線まで戻って左に曲がると「あった!」ここだけホームがず~っと奥に引っ込んでいるのでした。時計を見たらあと2分!!!走れ~~~~~っ!
息も絶え絶えになりながらやっとのことで電車に間に合いました。はあはあ。

あ~、最初からなんてハプニング続きの旅なんだろう。大丈夫か私?
こうしてベルガモの駅に着いた時には12時をはるかに回っていました。ベルガモの駅は予想よりはるかに小さいローカルな駅。そういえば写真を撮ったはずなのにないなあ。まあいっか。
街も小さくて歩いて回れるようなところで、予約したHostelまでは道を聞きながら地図を頼りに歩いていきました。さあ、荷物を置いたらいよいよ会場へ。

地図上ではもう会場に着いているはずなのだけど、それらしい建物が見当たりません。なんか円形の汚い建物はあるけど、まさかこれじゃないだろうし・・・と思ったらこれでした!

bergamo0026.jpg

正面の写真はまだ見られるのですが、横から見るとほんとに汚い。上の部分のようにペンキがはげていて、建物の色も薄汚れているみたいなのです。これじゃあ、見過ごしそうにもなるよ。

さて、それじゃあ中に入るとしますか。ん??チケット売り場が閉まってるよ。貼り紙がしてあってイタリア語はわからないけど16:30と書いてあるってことはその時間に開くという意味?あのー、試合は午前中からやってるんですけど。
その場にいた人にチケットを買いたいと言ったら、今は練習しかしていない(次の試合は4時からだ)からチケットはいらないと言われたのでとりあえずそのまま中へ。この時、午後1時半過ぎ。前の試合が早く終わったのか、次まで2時間以上もあります。

bergamo0001.jpg

センターコート(と言っても一つしかない)をVIP席からみたところ。VIP席ったって青いプラスチック製の椅子です。一般の客席は石の段々に木の板を細長く貼り付けて、線を引いて番号をつけて区切っています。背もたれがないから長時間の観戦は辛いのよねー。

コートではドイツのFlorian MayerBjorn Phauが練習していました。
しかし彼らの練習をずっと見ていても面白くないし、お腹も空いてきたので食事をすることに。う~ん、でもお店がない。会場の裏に1軒レストランがあるけど、コースで45ユーロとか60ユーロって書いてあるし一人で入る雰囲気じゃない。あまり遠くに行きたくなかったので、Cafeと書いてあるガランとした殺風景なお店に入りました。
おじさんに身振り手振りで(やっぱりイタリア語しか通じないらしい)食べるものはない?と聞いて、やっとパニーニ(サンドイッチ)とカプチーノにありつきました。
イタリアのカプチーノってドイツの半分くらいしか量がないので2杯飲んじゃった。デカイのに慣れちゃってるもので。
そして再び会場へ。

bergamo0084.jpg

優勝賞品らしき車。ベルガモチャレンジャーはリッチな大会と聞いていたけど、なるほどね。会場はボロくても賞金はチャレンジャーの中では一番高いレベルだし、スポンサーもたくさん付いている様子。へたなATP大会より頑張り甲斐があるかもしれません。

bergamo0038.jpg
bergamo0049.jpg
bergamo0064.jpg
bergamo0071.jpg
bergamo0011.jpg
bergamo0018.jpg

練習をしていた皆さん。上から順にBecker(GER), Stoppini(ITA), Rosol(CZE), Beck(SVK), Levinsky(CZE)
Rosolだけ写真が2枚なのはこの大会で優勝したから。あとで調べて名前がわかったんですけどね。最後の2人はダブルスの優勝ペア。こちらもあとから名前を知りました。それにしてもLevinskyの水色のパンツってどうよ?ちょっとどころじゃなくブカブカ過ぎない??

bergamo0117.jpg
bergamo0111.jpg
bergamo0098.jpg
bergamo0142.jpg
bergamo0145.jpg
bergamo0150.jpg

こちらが4時からの試合、Becker(GER) vs Stoppini(ITA)の写真です。上から3枚目はベッカーの応援をするBachinger(左)とDorsch。バヒンガー(?)は1回戦でサントロに敗れ、ドルシュは準優勝でした。
そしてこの試合でかわいい子みっけ!ネットサイド担当のボールボーイくんです。名前はマリオだったような。(定かじゃない)とってもラブリーでしょ?
試合は第6シードだったベッカーの勝ち。地元の声援を受けたストッピーニは残念でした。
最後の写真は試合が終わったあと相手が退場してもバナナをむさぼるベッカー。よっぽどお腹が空いてたのね。
次の試合までの間、コートでは子供達を中心としたサーブ合戦になりました。ここで再びマリオくん(仮名)登場!

bergamo0155.jpg
bergamo0156.jpg

どうやら彼はまだテニスは始めていないらしい。もしくは始めたばかり?とにかくかわいくて、お気に入りの出ていない大会で唯一の心のオアシスになったかも。

bergamo0162.jpg
bergamo0166.jpg
bergamo0160.jpg
bergamo0173.jpg
bergamo0190.jpg

6時からはMayer(GER) vs De Chaunac(FRA)の試合が。ダイナマイトヒップの女性主審が担当でした。はじめは会場のスタッフかと思っちゃった。格好があまり審判らしくなかったもので。
ええと、念のため黄色いウエアがマイヤーです。昨年は怪我で半年休んでいたので100位圏外ですが、一時はTOP40に入ってました。この時はWCで出場でしたが負けてしまいました。
最後の1枚は「ドイツ人だよ、全員集合♪」 この大会にはドイツ人選手がたくさんエントリーしていて、仲間を応援する姿が見られました。全員ではないけど左からPhau, Berrer, Kohlman, Dorsch, ??, Becker

かなり長くなってきたので、一旦ここでこのエントリーを終えて「その2」に続きを書くことにします。「その2」にはいよいよ今回のメイン、セルビア期待の16歳Filip Krajinovicくんの登場です。写真満載、動画もあり。ボールボーイのマリオくんが大人になったような風貌のFilipくん。試合の内容も少し詳しくお知らせしますね。

その2に続く・・・


この記事に対するコメント

ほんとだ~、マリオ君かわいいですねv-10 ドイツに20年いてもやはりイタリアは外国ですねv-392 私なんかイギリスに10年以上住んでいたのに、離れてから1年も経ってない内に戻った時、電車乗り間違えました。 日本みたいに降りてからの精算が簡単じゃないから大変でしたv-395
Filip Krajinovic君ってこの間デ杯で見たあの子かな(たぶん)後半も楽しみにしてます~♪ 美咲さんって文章書くの得意なんですねv-411
【2009/03/10 04:45】 URL | Rafafa #PaPLcPMw [ 編集]


Levinskyの水色のパンツ←サーカスのピエロみたいv-407 でもむか~し付き合っていた彼にも似てる・・・(趣味悪)
【2009/03/10 05:20】 URL | Rafafa #PaPLcPMw [ 編集]


私も似たような失敗談がたくさんあります・・ ヨーロッパの公共交通機関を使いこなすのは大変。。

ベルガモ空港には、たしかアムステルダムから格安便が飛んでます。表向きはミラノ行きなんだけど実はベルガモ空港着という詐欺便(笑)・・だと知ったのは、その便を予約した後でした。。

>中央駅の切符売り場
大きな鉄道駅では、切符1枚買うのにもけっこうな時間がかかりますよね。アムステルダム中央駅なんて、夏の旅行シーズンなんかは国際列車の切符買うのにン時間・・・なんてざらです。。出発時間まで1時間を切っていると、ふつうとは違う順番待ちカードをもらえるんですけど。。
ミラノでは、駅舎の横の旅行会社みたいなところで待ち時間なしで列車のチケットを買った覚えがあるけど、あれはラッキーだったんですね。(切符売り場はどこか聞きに入ったら買えちゃったんだったと思う。手数料とかは取られてなかったはず)
【2009/03/10 08:34】 URL | れいこ #- [ 編集]

イタリア!
美咲さん、こんにちは。
観戦お疲れさまです。クラジノビッチ、私の中で要チェックリスト入りました(笑)
イタリアは身近に知人がいるせいか、数年前から凄く気になっていて行ってみたいい国です。住めたら住んでみたい。ヨーロッパは電車で数時間くらいで他国に行けるのでうらやましいです。アメリカは例えばシアトルから一番離れているフロリダのように他の州に行くとしたら飛行機で最低6時間はかかります。

さて、デ杯。アメリカチーム勝ちましたね。ブレイクが負けた時は「またお決まりのシナリオ(笑)」と思いましたが、締める男アンディが頑張ってくれました。
【2009/03/10 09:08】 URL | la mer #jaMxsxoU [ 編集]

Rafafaさん
一番乗りありガト~ございます。
ヨーロッパは一つの国と言う人もいるけど、やはりそれぞれのお国柄は違いますね。知らない土地は戸惑うことが多いです。外人慣れはしてるんだけど・・・。
文章を書くのは得意ではありません。何度も読み返して手直しするので時間もかかるし。それでも読んでくださる人がいるのは嬉しいです。
Krajinovicくん、これから人気でそうですよ。
Levinskyはそうでもなさそうだから彼にしてみる?v-397
昔の彼に似ていることはだんな様には内緒にしておきます。v-392
【2009/03/11 08:52】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

れいこさん
今回私が航空券を買ったサイトはドイツの旅行サイトだったので、一応アムスからベルガモまでも検索してみたのですが安いチケットはありませんでした。オランダのサイトならありそうですね。
ミラノの駅は混んではいましたが、20分くらいで買えたかな。係員が日本のようにテキパキとこなしてくれないのはもう慣れました。自動販売機で買うのがいいのでしょうが、たいていEC(Euro check)カードがないと買えないんですよね。いい加減に作ろうかなECカード。
【2009/03/11 09:02】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

la mer さん
こんばんは。
Krajinovicくんはチェックしてる人が増えそうですね。
アメリカは大きいから移動が大変ですよね。国内で時差があるんだもの。
テニス観戦に関してはヨーロッパは恵まれていると思います。
イタリアはまだきちんと観光で行ったことがないので、そのうちゆっくり行ってみたいです。とはいっても時間があるとテニスを見に行っちゃいそう。(笑)

ブレークはなんとしてもアンディにヒーローになってもらいたいようです。(笑)
アンディが締めてくれるのは嬉しいけど、もうそろそろ若手も出てこないとマズイのでは?
【2009/03/11 09:09】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


美咲さん、こんにちは。ハプニング楽しそおーです(いや、他人事だからというわけではなく、これぞ旅のだいご味ってことで)。結局、WCをもらっていた?はずのヨアキムは出なかったのですね。残念でしたが、楽しい観戦旅行になったような雰囲気が伝わってきます。水色パンツはブカブカなのも気になりますが、なんか、素材が汗を吸わなそうなんですが…。

その2、その3も拝見させていただきましたが、大人気?のフィリップ・クライノビッチ(?)、まだ不安定ですが、サーブのフォームも自然ですし、フォアもポジションに入れば無駄のないきれいなフォームだなぁ、と思いました。彼が育つとセルビアの将来が明るいですね。今年はジョコOPがあるのでWCで出られるのかな?

クドリャフツェフは女子の選手にクドリャフツェワがいるので、以前、親戚か兄弟なのか知るために調べたことがあるのですが(違った)、まだ若いのに奥さんも子供もいるってのにびっくりしたことがあります。
【2009/03/11 11:25】 URL | takezoh #Qr.t3GNk [ 編集]

takezohさん
こんばんは。
往きのパプニングはまあいいとしても、帰りに飛行機に乗れなかったら笑い事ではありません。そんなことにならずに済んでよかったです。
ピムピムが出なかったのは本当に残念でした。代わりにA4サイズの販促用(?)のパネルが置いてあったので、それを土産に持って帰りました。(笑)
水色パンツ、そういえば防水加工の生地みたいに見えますね。そんなわけないだろうけど。
Krajinovicくんは女性にはかなり人気が出そうです。(笑)ジョコOPにはWCもらえるだろうともっぱらのウワサですし、プレーが見られる日も近いかもしれません。
クドリャフツェフ(って発音するんですね)と同じ苗字の女子がいるのは知っていて気になっていました。親戚ではないのですか。それにしても妻子持ちとは驚きました。だったらもっと頑張らないと…。
【2009/03/12 08:04】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


美咲さん、こんばんは☆彡

イタリアの旅、ハプニングもあったけど楽しまれたようでσ(^^)
ヨーロッパに住んでると見る機会があっていいですね^^
水色パンツ、私も気になって(笑)運動会で片方ずつ入って走るのに最適かも^^
ベンジャミンが懐かしいわ~
チャレンジャーでアルファロメオもらえるの、凄いですよね♪カッチョイイな~

フィリップ君、可愛いと聞いてはいたけど、デ杯のベンチにいたあの子ですね~
小さくまとまるよりは、若いうちはちょっと気が荒い方がいいと思います。
サントロ師匠までいらっしゃったのですね。
観戦記を見せていただくと、ちょっとした旅行気分も味わえて楽しいです。
ありガト~(^-^)
【2009/03/12 22:27】 URL | アイリーン #iqGKCwmE [ 編集]

アイリーンさん
今までヨーロッパにいてもあまり旅をしたことがなくて、観戦するようになってからいろんなところに行きたいと思うようになりました。
次はスペインに行きたいなあ。
水色のパンツはひときわ目立っていました。一応ナイキなんですよ。
ベンジャミンはATPツアーに出ていなくちゃいけない選手なんですけどね。
アルファロメオだったのか。車に疎いのでFiatでないことだけはわかったんだけど。

フィリップくんは今活躍している若手(18歳~22歳)の次の世代ですが、じきにそれらの世代の選手たちとも対等に渡り合えるようになってくるかもしれませんね。
将来が楽しみな1人です。

もっと街の写真も撮ればよかったのですが、あまり時間の余裕がなかったんです。
たっぷり休みが取れるともっと旅の雰囲気が出せるんだけどなあ。
私もいつもアイリーンさんのお写真で癒されてます。ありガト~。
【2009/03/13 09:06】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rheinturm.blog32.fc2.com/tb.php/25-feaaeabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。