テニス観戦写真 別館


Twitter
プロフィール

rheinturm

Author:rheinturm
ATP観戦大好きな美咲です。
生観戦に行った時の写真は主に「観戦写真 本館」に公開していますが、別館は動画やテニス記事、ドイツの生活なども紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全豪2009悲喜こもごも パート2
第8日目

だんだんと試合数が少なくなって、残っている選手もあとわずかとなりました。
この日はトップハーフの4回戦4試合が行われましたがここに来て大きな波乱がありました

ベルダスコマレー 2-6,6-1,1-6,6-3,6-4

verdasco1.jpg
シンシナティ2008 by美咲

私は最後のセットしか見ていませんがどちらもすごかった。
ゲームカウント2-2からのベルダスコのサービスゲームでマレーにブレークチャンスが訪れます。こんな場面で「すご~い!」と叫びたくなるようなウィナーの応酬で目が釘付けです。何度もデュースになりマレーはたたみかけるように攻撃していくのですが、ベルダスコは守りに徹するのではなく攻めてピンチを脱する。マレーが打っても打ってもベルダスコはしっかりとなおかつ厳しいところに返してきます。
結局このゲームをブレークできなかったことが試合の行方を左右しました。ピンチのあとにはチャンスあり。今度はベルダスコのブレークチャンスです。このチャンスを逃さずにものにしたベルダスコに勝利の女神は微笑みました。

ナダルゴンザレス 6-3,6-2,6-4
第3セットはゴンちゃんが先にブレークしたんですけどね。先行されてひっくり返すというのはもともとシモンよりナダルのほうが先に得意としていたパターン。ただ最近はますます強くなって先行されることが少なくなってきたため、シモンにお株を奪われていた感じでした。
ブレークされて燃えてきたナダルは何なく追いつきそして追い越していきました。そろそろ全豪初タイトルが見えてきたか。

シモンモンフィス 6-4,2-6,6-1
フランス人同士の対決となったこの試合は面白いシーソーゲームになりそうだ・・・と思ったらモンフィスのリタイアで決着が付いてしまいました。やはりGSともなると1試合にかける意気込みも相当なものだろうし、5セットマッチなので体力も必要です。中1日ずつあるとはいえ、真夏のオーストラリアは体力をかなり消耗するでしょう。モンフィスがこれからGSで勝ちあがっていくには体力をつけることが大事かもしれません。
それに引き換えあの細い体のどこにパワーが潜んでいるのかと驚くのがシモン。4セットやらずに勝てたのはラッキーです。次のナダル戦を考えるとこれは運が向いているのか。

ツォンガブレーク 6-4,6-4,7-6
昨年の全豪男は今年も元気です。いえ、本当は背中が痛いのかもしれません。が、今までのところそれほどひどい痛みを感じている様子はないのでまだ大丈夫そうです。
ブレークは第3セットを取れたよねー。やっとのことでツォンガからブレークをもぎ取って、よしっ、というところだったのに、ちょっとTVを離れた隙に追いつかれてました。どうも彼もメンタルが弱い。途中で、もうどうしようもないという顔をしてました。あれではますます相手を調子付かせます。精神を鍛え直してこないと、GSのタイトルはおろかベスト4に入ることも難しそう。

男子ダブルス3回戦
ボレリ/セッピコエロ/シリアニ 3-6,6-1,6-4
あれれ?勝ってる!シングルスではボレリの姿を写真でしか見ることができなかったので、やっとストリーミングのあるコートに入れたこの試合はなんとか見ようとしたものの、午前2時半頃に始まって第1セットを取られるともう限界で寝てしまいました。
第1セットはボレリの調子が悪く、ことごとくネットに引っ掛けて足を引っぱります。特に相手のサーブがよかったのもあるけど、苦手のリターンはまったくうまくいかない。こんなんじゃあっさり負けるだろうと思っていたんです。あれからどうやって逆転したのかはわからないけど、とにかくQF進出おめでとう!予想外の健闘で2週目まで残ってくれて嬉しいよ~。セッピ君、うちの子よろしくね!

ジュニア男子ダブルス1回戦
クラビエッツ/シュルツサンダース/ベリース(?) 7-6,7-5
きわどい試合だったようですがシュルツ君がダブルスでも勝ち星をあげました。シュルツ君以外はまったく知らないけど、相方の子もシングルスで2回戦に進んでいます。ほかのドイツ人の子たちもみんな勝ったようでよかった。
そういえば日本人の子たちも頑張っていますね。ジュニアだと体格差が小さいからかな?

さあ明日はいよいよボトムハーフのQF。ロディックもやっとロッドレーバーアリーナで試合をさせてもらえます。(笑)ライブで見るのは微妙な時間ですが、起きれたら見よう。どうかいい試合になりますように。
ベルダスコはダブルスもちゃんと出るのかな?まさか両方優勝するつもりじゃないよね?
シュルツ君もシングルス・ダブルス両方の2回戦を戦います。みんなみんな(ベルダスコの相方フェリも)頑張れ~~


第7日目

そろそろ寝不足で体力も低下してきました。全豪ってデーゲームは睡眠中、ナイトゲームは仕事中の時間帯なので、見るのは結構大変です。しかあ~し、ロディックの試合だけは見逃せないのだ。
と、ここでロディックの試合について書く前に少しダブルスについて触れてみます。

2回戦
ボレリ/セッピVSペッチュナー/ペヤ 6-3,3-6,6-4
ボレリとペッチュナーがお気に入りの私にとってどちらの組を応援するか悩んだ一戦。結局ペッチュナーを応援しようと思ったけど、起きていられず夢の世界に行っている間にイタリアペアが勝っていました。どちらの組もシングルスもダブルスもそこそこできるペア同士だったので競った試合になったようですね。ペッチュは残念だったけど、これから頑張るのよ!

3回戦
ロペス/ベルダスコVSアルノルド/モナコ 6-2,7-5
どちらも2回戦ではシードペアを破っての3回戦進出でしたが、シングルスでも絶好調のベルダスコがノリノリだったのかそれとも1回戦で悔しい負けを喫したロペスが奮起したのか、ストレートでアルゼンチンペアに勝利しQFへ。フェリダス、こうなったら優勝を狙ってみる?

フィッシュ/イズナーVSソアレス/ウリエット 6-2,7-6
おお~、お魚君ことフィッシュとイズナーのペアが勝っている!この2人は昨年のシンシナティでもペアを組み、いいところまでいってたような記憶があります。どちらもビッグサーバーなのでタイブレになる確率が高く、そのタイブレをものにして勝利というパターンができつつあるみたい。ダブルスはルールが変わってからスペシャリストではないペアが躍進するようになった気がします。職人ペアには受難の時代か。GSは新ルール(ATPルール?)は適用されないんでした。ということはシングルスとかけもちのペアの技術が上がってきているのか?

ここから本題。
ロディックの4回戦の相手はロブレドです。実はお得意様なんですよね~、ロブレドは。H-Hは9-0で負けなし。大会前は4回戦に進んだらナルバンディアンがくるかと予想していたけど、そうならなくてほっとしてしまった。ナル様には昔は勝ってたけど基本的には苦手なタイプだから。

さて試合のほうは両者ともいい立ち上がりで、きっちりサービスゲームをキープして譲らない展開です。今日は接戦になるのかな、と思わせるロブレドのプレー。
第10ゲームロブレドのサービスゲームで両者通じて初めてのブレークポイントが訪れますが、ロディックはこれを生かせず5-5。私はタイブレを覚悟。

そして第12ゲーム15-15からロディックのバックのダウンザラインが決まって15-30、さらにスライスをロブレドがバックで返球するもネットにかかって15-40になりロディックのセットポイント。次のポイントはロブレドが攻めのショットを連続で浴びせてきますが拾い捲るロディックに根負けしたか、フォアをネットにかけて第1セットを失います。

ロディックは第1セットをタイブレークに持ち込まずに取れたことで気持ちに少し余裕が出てきました。第2セットの2ゲーム目にもブレークチャンスがやってきますが、ここはロブレドがこらえて1-1に。しかし第4ゲームはこらえきれなかった。2ブレークポイントを握ったロディックがネットに出てきたロブレドの脇を抜くクロスのパッシングショットをコーナーギリギリに決めて3-1にします。

さらに第6ゲーム15-40からボレーが決まって5-1とし、サービング・フォー・ザ・セットもなんなくキープして第2セットも奪取。このセットは1stサーブの確率が45%と悪かったのですが、それでも6-1で取れたのはいかにストロークで頑張ったかがわかると思います。

第3セットに入ってもよく球を追うロディック。それがじわじわとロブレドを追い詰めていきました。第1ゲームロブレドのサーブで40-15からミスが3つ続きます。これは左右に振ってもロディックが球に食らいついて返してくるので、どんどんショットに力が入る。結果アウトになったりネットにかかったりしてしまうのでした。最後も力んだショットがネットにかかってブレークを許します。

だんだんと元気がなくなっていったロブレドですが、第6ゲームで初めてブレークチャンスがやってきました。しかしまだ余裕のあるロディックはサービスウィナーでデュースにし、次のポイントはロブレドがアウトにしてキープ。ロブレドは唯一のブレークチャンスを生かせませんでした。

5-3で迎えた第9ゲームはロブレドのサーブ。あとのないロブレドはもう気力が残っていなかったのでしょうか、ブレークポイント=マッチポイントはネット際でボレーを打ち合うも落ち着いたロディックがこれを決めてQFに進出しました。

ロブレドはほかの選手と対戦しているときには「すごいなあ」と思うようなプレーをするのに、ロディックと当たるとどうしても苦手意識がでちゃうのかな。ロディックにとってのフェデラーみたいな存在になりつつあるかもしれません。ちょっと気の毒ですが、次も負けるわけにはいきませんので悪しからず。勝負の世界は厳しいの~。

そのほかの結果
フェデラーVSベルディフ 4-6,6-7,6-4,6-4,6-2
ベルディフ惜しい!!! 2セットアップまでいったのに悔しいよ~。苦手のフェデラーに勝てる大チャンスだったんですけどね。フェデラーはさすがというか、勝負強いです。とっても残念だけど、この次こそは勝てると思うからガッカリしないで頑張ろうね。

berdych2.jpg
たまには敗者の写真も。胸毛のないツルツルのお肌でいいな。
(私に胸毛があるわけじゃありません。ロディックとボレリのことサ) 
シンシナティ2008 by美咲

なんだかんだいってもフェデラーは強い。だから対戦相手を応援したくなっちゃうんです。次のチャレンジャーは誰だ?

デルポトロVSチリッチ 5-7,6-4,6-4,6-2
注目のベイビーボールズ(よりさらに下の?)世代対決はデルポの勝ちとなりました。3回戦もそうだったけど1セット先取されても”へ”でもないって感じですね。体力も十分ありそうだし、気持ちも乗っているようなのでまだまだいけそう。
おっと、次はフェデラーか。これは面白くなってきました。今日ベルディフと5セット戦ったフェデラーは中1日で体調がベストに戻るのかがポイントかもしれません。疲れが残っているようだとデルポにチャンスあり。私的にも見逃せない対戦です。

ジョコビッチVSバグダティス 6-1,7-6,6-7,6-2
バグダティスも頑張りました。でもジョコの負けられないという気持ちが上回ったようです。第4セットもバグちゃんが追いつくチャンスはあったのですが、ピンチにはぐっと気を引き締めるジョコ。最後のほうはもうバグちゃんは足が追いついていかないように見えました。残念だったけど復活の兆しは十分に見て取れたので、今年はきっとまた活躍してくれそうです。
一方のジョコはなんとしても昨年のポイントは減らせない。時々はくじけそうになる気持ちを一生懸命立て直しながら戦いきっていたようです。

次はロディックとの対戦になります。大方の予想ではジョコ有利だと思いますが、ロディックが先手を取ってプレッシャーをかけられたら勝機はあると思います。なんとか勝って欲しいけど、静かに見守りながら応援します。

ちょっとここでお知らせ。
本戦とは別にジュニアの試合も始まりました。以前書いたドイツのテニス事情という記事に期待のジュニアシュルツ君のことを取り上げましたが、この全豪ジュニアに出場しています。1回戦は6-1,6-1で完勝!今日はこれからダブルスに出場します。まだ16歳のシュルツ君ですが、年上の選手にも負けないように頑張れ!


第6日目

トップハーフの3回戦。今日も波乱はありません。
ナダルVSハース 6-4,6-2,6-2
今大会好調に見えたハースもナダルの敵ではなかった。たぶんナダルはハースを得意にしているんじゃないかな。唯一残っていたドイツ人選手が敗退するのは残念ですが、No1が相手では仕方ありません。ナダルはこの調子で全豪初タイトルを手に出来るのでしょうか。

ツォンガVSセラ 6-4,6-2,1-6,6-1
第3セットはどうしたんでしょう。ツォンガは背中の痛みがあるらしいですがそれでもここまできっちりと勝ちあがっています。しかし苦しくなるのはこれから。4回戦は突破できるか?

モンフィスVSアルマグロ 6-4,6-3,7-5
前哨戦から好調だったモンフィスは3回戦もストレートで勝っています。あのくにゃくにゃ加減がいやという人もいますね。でもそれが相手選手にとってはやりにくい部分。コーチが変わってモチベーションも高いようなので、ひょっとするといいところまでいくんじゃないでしょうか。

マレーVSメルツァー 7-5,6-0,6-3
マレーには言うことありません。今回の優勝候補筆頭らしい危なげない勝ちあがりです。体力も温存できてるでしょうし、GS初制覇に向けて着々と進んでいます。

murray2.jpg
写真はシンシナティ2008 by美咲

ブレークVSアンドレエフ 6-3,6-2,3-6,6-1
さすがにフルセット続きだったアンドレエフは燃料切れだったのでしょうか。1セット返すのがやっとだったみたいですね。ブレークはランキングの割にGSでの成績があまりよくない印象です。この全豪でブレークはブレークできるか?

ゴンザレスVSガスケ 3-6,3-6,7-6,6-2,12-10
ガスケよ~ 2セットアップからの逆転負けは昨年のWBマレー戦のデジャブ?今年のガスケはちょっと違うと思い始めていたのに・・・。フランス人って、マチュー・ガスケのような繊細組とツォンガ・シモン・モンフィスなどの図太い組に分かれますね。もっとも相手がゴンちゃんだったのだから、ガスケを責めるよりゴンちゃんを讃えるべきなんでしょうが。残念です。

シモンVSアンチッチ 7-6,6-4,6-2
シモンは強いですね~。お得意の逆転劇を見せるまでもなくアンチッチをストレートで下してしまいました。アンチッチはやっと復調してきたところだったのでもう少し競るかと思っていたんですが。この次はモンフィスとの同胞対決。注目の一戦です。

ベルダスコVSステパネク 6-4,6-0,6-0
強い選手がここにも一人。ベルダスコどうしちゃったの?ステパネク相手にダブルベーグルなんて怖すぎる。こりゃあ今回の全豪男はこの人になる可能性が大きくなってきました。マレーとの4回戦が面白くなってきたぞ~。

さていよいよ4回戦は順調に勝ちあがってきたシード選手の潰し合いになってきます。まずはボトムハーフのロディック戦を見るために頑張らないと。(また寝不足だあ)Go Andy!!


第5日目

ボトムハーフの3回戦ロディックVSサントロはHisense Arenaの第3試合。3試合目なんて時間の読めない中途半端なところに入ってしまったものだから、朝5時20分に起きてスタンバったものの直前のハンチェコバが第1セットを取りながら逆転負けしたため、試合が始まったのは7時20分頃でした。あと2時間寝られたよ~。

それはさて置き試合のほうはというと、ロディックはちゃんと私のいうことを聞いて最初から気を引き締めて臨んでいた様子でした。なにしろサントロの怖さは2007年のリヨンの1回戦に負けたときに思い知っているので、警戒していたのでしょう。

サントロはやはり1回戦、2回戦とフルセットが続いて疲れが癒えていなかったのか、いつものマジックは不発。試合開始早々2ゲーム目をブレークされてしまいます。しかしロディックもその後に何度もあったブレークチャンスを生かせません。結局1ブレークアップのまま、第1セットは6-3でロディックが取りました。

roddick3.jpg
写真はシンシナティ2008 by美咲

第2セットに入ってまたも早々にブレークチャンスを掴んだロディックですが、なかなかどうしてサントロも簡単にはブレークさせてくれません。そして第5ゲームは0-40と3つのブレークポイントがあったもののデュースになります。しかし今度はサントロのミスで握ったアドバンテージをネットに出て果敢に攻めてやっとブレーク!

これでこのセットも安泰だわと思ったのですが、油断ならないのがロディック。サービング・フォー・ザ・セットはダブルフォルトから入ります。次のポイントは攻めのショットをサントロが絶妙なロブで返し0-30。さらにネットに出たロディックを鮮やかに抜いていくサントロのバックのダウンザラインで0-40の大ピンチ。
ああ、これで追いつかれてタイブレの嫌なパターンか・・・と思ったら、今日のロディックは違いました。ピンチにも我慢強く耐え、ワイドへ放ったフォアのウィナーとサービスエース、さらにサントロのショットがアウトになってデュース。2度目のアドバンテージでサービスウィナーを取って第2セットも奪取します。

第3セットもはじめは第2セットと同じような展開で、第4ゲームまではお互いにキープ。第5ゲームでまたロディックがブレークを果たし、ほぼ試合の行方を決めてしまいました。サントロはたぶん疲れがかなりたまっていたと思います。バナナを食べて何とかエネルギーを補充しようとしていましたが、第7ゲームもロディックにブレークされて力尽きました。サービング・フォー・ザ・マッチは1ポイントは取られましたがきっちりとポイントを重ねて、最後はネット際の攻防でボレーを深いところに押し込んで勝利。試合後の握手の時はサントロのほうから笑顔でロディックに声をかけていました。

サントロは疲れは見えていたものの、内容は悪くなかったです。時々技ありのショットを見せてくれたり、ブレークのピンチを何度も乗り切ったり、観客もそんな彼のプレーに拍手や歓声を送っていました。
しかしそれ以上に今回のロディックは気持ちを引き締めて臨んでいて、ピンチにも我慢強く、しっかり攻めるところは攻めて試合を支配していました。2回戦のマリセ戦で苦戦したのがよかったかな。

このあとオンコートインタビューになるのですが、ここでトーナメントディレクターからサントロのGS最多出場記録(オープン化以降、66回)をお祝いされて、シャンパン(と目録?)をもらいます。一応今年で引退すると表明しているので今回が最後の全豪になると思われますが、また来年もここで会えるといいですよね。サントロも全豪は好きみたいだし。とりあえず、お疲れ様でした。

このほかの結果は・・・
ジョコビッチVSデリック 6-4,4-6,6-3,7-6
デリック(デリッチ)が素晴らしいプレーをしたようですが、連覇のかかるジョコビッチは負けられません。途中少しだけしか見なかったけど、デリックはこのプレーを続けていければもっと上がってこれる選手なのにねーと思いました。
この対戦のあとセルビアとボスニアのファンの間で喧嘩騒ぎがあったそうですね。(デリックはボスニア生まれのアメリカ国籍) 選手に迷惑がかかるこのような行為があったことは非常に残念です。ファンもきちんとマナーを身に着けなくては。

フェデラーVSサフィン 6-2,6-3,7-6
サフィン残念!エンジンがかかるのが遅かったか。まだ試合は見れてませんがフェデラーが気合を入れて試合に臨んだということで、サフィンにはなかなかチャンスが巡ってこなかったようです。第3セットだけでも取れていたら、今年で引退という気持ちも変わったかもしれなかった。いや、まだこれからシーズンは長い。次はぜひ頑張ってもらいましょう!

バグダティスVSフィッシュ 6-2,6-4,6-4
元祖(?)全豪男のバグちゃんが帰ってきました!新婚フィッシュ(通称お魚君)は幸せ太りでしょうか、かなりふっくらしていますね。内容はわかりませんが、スコアを見ただけでもバグちゃんの好調さが窺えます。まだ怪我の痛みが再発するのを恐れているという話も聞きますが、この次のジョコ戦もいい試合になりそうです。

デルポトロVSミュラー 6-7,7-5,6-3,7-5
第1セットをミュラーに先行されたデルポでしたが、最近の彼は自信に満ちていてそんなことではあわてない。本当に気力も充実していて、TOP10に定着するのは間違いないでしょう。ひょっとしたらこの全豪で優勝なんてことも有り得る。えっ、じゃあロディックは決勝にいけないの?まあその前に姿を消すかもしれませんけど。

チリッチVSフェレール 7-6,6-3,6-4
まさかストレートで決着がつくとは思ってなかったこの試合。チリッチはいつの間にかTOP20に入ってるんですね。派手な活躍はしてなくてもじわじわと上がってきている。意外とこういう選手が怖いのよねー。デルポとの対戦は注目です。

ベルディフVSバブリンカ 4-6,6-1,6-3,6-4
やった~、バブをやっつけた。(→バブ嫌い)ベルディフもセットダウンから逆転勝ちできるようになりました。メンタルさえ強くなればもっともっと勝てるはず。次は苦手のフェデラーですが期待しましょう。

ロブレドVSルー 6-1,6-3,6-2
ナルバンディアンを破る大金星で一躍脚光を浴びた台湾のルー君。ロブレドはそんなルーを一蹴する調子の良さ。しかしロディックにとってはルーよりも相性のいいロブレドがきたほうがやりやすいと思うのでちょっとラッキーかもしれません。(ゴメンよ、ロブレド)

今回の全豪は波乱らしい波乱は少なく、上位シードが着々と勝ちあがっています。その中で決勝まで残るのは誰か。ロディックだったら嬉しいけど、期待するとコケる傾向があるのでほどほどにしておこう。


この記事に対するコメント
おお~
素早い記事アップ。私も寝る前に見つけちゃったからコメントしておこっと。

まずはアンディ、【順当に】ベスト8進出、おめでとう! お得意様のトミー君だから、大丈夫だとは思ってたけど、最近のトミー君の頑張りはあっぱれですよね。デ杯チーム入りを狙ってる? フェリもしっかりしなきゃ!

フェリダスとピノルドの一戦は、第1セットはベルダスコ絶好調、フェリもなかなかいいデキで圧倒したのですが、第2セットに入ってからはフェリのペースが少し落ちて、一度は大ボケをやらかしてサービスを落としたのですが、そこからベルちんの助けも合って盛り返して一気に勝利しました。ピノルドも第2セットは調子を上げて、このセット取られるとヤバイかも・・・って思いました。どっちもオキニなペアだったけど、ここはピコちゃん、ごめんね。

チョビはホントに残念、悲しい。勝てそうだったのに。でも2セットオールになった時点でちょっと覚悟しました。体力的にチョビのほうがきつそうだったし、でも、なんでふぇでらはあんなに元気なんだ!? 今年の全豪、私のオキニが二人もフルセットの死闘の末に撃沈。いや、もう、忘れよう。。。

ダブルス以外はお気楽になってきました。アンディ、応援してるからね。ジョコも万全じゃないような気がするし!
【2009/01/26 00:57】 URL | にゃ~す #y6ZhGwfE [ 編集]

にゃ~すさん
ありガト~。そしてフェリダスもQF進出おめでとう!e-460
これからボレリ/セッピの試合もあるし、まだまだ全豪を楽しめそうです。

フェリダスはほんとにいいところ狙えそうですよね。もうすっかりデ杯の固定ペアだし、GS優勝したら箔がつくよ~。
ただベルちんがシングルスも絶好調なので、もっと勝ち進んだ場合ダブルスをどうするのか気になります。大好きなフェリをガッカリさせたくないだろうし、最後まで頑張るかな?

チョビはほんっとに惜しかった!!なんかますますふぇでらが憎たらしくなってきた。デルポよ、チョビの仇を討ってくれ!v-293
アンディの応援もありガトね。厳しいけど頑張るようによく言って聞かせるから。

そうそう書くの忘れてたけど、ジュニアの試合も始まったんだよね。
シュルツ君は1回戦6-1,6-1の見事なスコアで圧勝しました。今日はこれからダブルスにも出ます。追記しておこう。
【2009/01/26 09:18】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

いけるかベスト4!?
美咲さん、お体大丈夫ですかー?
後半戦にむけて、寝られる時に寝て(仕事中でも!?)おいてくださいね。
今のとこ明日のOOPまだ見れないので、ジョコ戦がデーゲームかナイトなのか気になります。開始時間が明確じゃないのが一番困るんだけど。

ロブレド戦は、私1分も見られなかったんです。(日曜午後だったので、家族でお出かけ。) 実況ありがとうございました。 結構余裕の勝利だったようで、体力も温存できてよかったよかった。

まあシード的にいって、ここまではアンディ勝って当たり前。 できればジョコクラスはもう1つ先で当たりたいとこだけど、トップ4シードが超磐石だからどうしようもないですね。 ジョコは去年の覇者とはいえゾーンにはいってる感じでもないし、ナダル・マレー・苦手フェデラーのお三方に比べると一番勝てる確率ありそうな気がする。。。 去年の全米で勝てた試合落としてるけど、今のアンディならリベンジしてくれるかも、ですね。 ドキッチちゃんとともに、リキいれて応援するぞーーー!
【2009/01/26 11:07】 URL | うぃな #- [ 編集]

ロディック、QF進出オメ!!!
ロディックはず~~~っとトップ10をキープしていて立派ですね(^^)
ジョコもメンタルで問題が出てきているような気がしますから・・・
ロディックもまたフェデラーにリベンジしたいことでしょう
昨日のチョビは本当に残念!
でもあれが元絶対王者の実力でしょうね
でも今回皆が良いと言っているけど、私は思っていません(へへへ)
メンタルで負けなければデルポでも、ロディックでも勝てる気がします(^^)

確かにダブルス、面白いですね
フェリダスはやっぱり二人がレフティの変則な感じがグッド!
イタリア・ペアももうちょっと頑張って(まだ見ていないので)、シングルスでは難しいGS優勝目指してほしいです(笑)

美咲さんも寝不足で大変でしょうけど、終わればまた欧州ですから・・・
(南北、米もあるけど)
お身体気をつけてね~♪
【2009/01/26 14:54】 URL | momo #- [ 編集]

うぃなさん
ご心配ありがとうございます。週末は仕事のほうも忙しくて体にもガタがきてますが、まだ大丈夫です。デスクワークではないので仕事中に寝ることは出来ないんですよ。(笑)
明日の試合はまたもや第3試合。15:00以降ということはこちらでは朝5時以降になります。ライブで見るのは無理かもしれない(起きれない)ので、録画はしておかなくちゃ。
日曜日の午後というのも家族持ちには辛い時間帯ですよね。明日はうぃなさんは見られるのかしら。

もう一人のアンディ(マレー)が負けてびっくりしました。
なんだか「不可能な事はないんだよ」とベルダスコが教えてくれたような気がする。
ジョコには負け越してはいますがいずれも接戦だったので、気持ちさえ強くもてればチャンスはあります。それにはまずジョコのメンタルを崩すために先手を取らないとね。Go Andy!v-81
【2009/01/26 20:05】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

momoさん
ありガト~ございます。
とりあえず第8シードとしての面目は保ちました。
いろいろ言われることが多いロディックですが、コートセンスやテクニックがそれほど高くないからこそ努力が必要。きっと私たちには計り知れないくらい努力しているのだと思います。
ジョコ戦ではその努力は報われるかな?

チョビは本当に残念。彼もメンタルに難ありですね。優しい性格なのかもしれません。しかし勝負の世界では時には心を鬼にしないと。次は鬼になれるのか?

イタリアペアのダブルス勝ちましたね。v-410どうしても今回動くボレリが見たくてストリーミングを見始めたのですが第1セットを取られた時点で限界。ボレリの調子が悪くてネットに引っ掛けてばかりいたので、こりゃ負けると思って寝てしまいました。朝起きたら逆転勝ちしていてビックリしました。
この次は見られる時間帯になってくれることを祈ります。
体は丈夫なので全豪が終わるまではもつと思いますが。(笑)お気遣いありがとうございます。
【2009/01/26 20:44】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

やったね~
アンディ、SF進出おめでとう! ジョコ、リタイアは想定外でしたが、トレーナーを呼んだ後はずっと、いつリタイアするかを見極めてるような感じでした。得意のタイブレを取れなかったときは大丈夫か、アンディと思ったものの、ずっと集中を切らさずに、そしてずっと走り続けたキミはエライ!!

コーチの指令でダイエット中なんですか? そういえば、ゴンちゃんがステファンキさんと組んだときも、最初のお題が体の絞り込みでしたね。その成果がすでに出始めてます。次もいってみよう。GO ANDY!!

フェリダスは残念ながらまたQFの壁を越えることができませんでした。今日は最後まで2人の意思が1つになってなかった感じです。ガラガラのコート2で気が乗らなかったのかな? ベルちんは明日があるから仕方がないよね。この後はもっと集中してツォンガをやっつけてほしい!

シモーネ&セッピ組はMCAに入れてもらえたからお客さんもたくさんいるだろうし、いい戦いを期待しましょう。そういえば、なぜかトミー君がミックスでジミーに勝ってました(笑)。

ドイツのジュニアはずいぶんたくさん出場してますね。ちゃんとチェックしてないけど、そこそこ勝ってる?
【2009/01/27 17:06】 URL | にゃ~す #y6ZhGwfE [ 編集]

にゃ~すさん
ありガト~!
手放しでは喜べないけど暑さに負けずに戦うことも一つの条件だから、今回SFにいくべきなのはアンディだったということかな。
でもジョコも具合が悪くなってもすぐにリタイアするとまたいろいろ言われるし、結構ギリギリまで頑張ったんだと思う。
残念だけど若いんだし、またGSのタイトルを狙ってくるでしょう。
さて次はふぇでらになるのかデルポになるのか。仕事中にライスコチェックしなくちゃ。

フェリダスは残念だったね。ベルちんがシングルスでSFに残っているから、ダブルスへのモチベーションはあまり高くなかったのかもしれませんね。フェリもお疲れ様。

シモーネ組はパエス先生たちなので期待してません。ここまで残っただけでも立派。あとはネットプレーをパエス先生から学ぶように。

今日の結果はまだチェックしてないけど1回戦はみんな勝ちました。あっ、シュルツ君どうなったかな?
【2009/01/27 18:02】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rheinturm.blog32.fc2.com/tb.php/20-115b8785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。