テニス観戦写真 別館


Twitter
プロフィール

rheinturm

Author:rheinturm
ATP観戦大好きな美咲です。
生観戦に行った時の写真は主に「観戦写真 本館」に公開していますが、別館は動画やテニス記事、ドイツの生活なども紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


期待はずれのクリスマスディナー
12月24日のクリスマスイブに何ヶ月ぶりかで夫とディナーに出かけました。
予約していたのは近所の知り合いがやっている、こじんまりしたフレンチレストラン。お客さんはほとんどが常連か顔見知りというお店です。

xmasdinner0017.jpg

8時からのディナーでしたが10分ほど早く着いてみると、テーブルにはまだ誰もいません。奥のバーカウンターのある喫煙できる部屋には何人かいるようです。
アペリティフを注文してゆっくり飲んでいると、他のお客さんが入ってきました。そしてしばらくしてバーから2組が移動してきました。やっとディナーの開始です。
私達は知りませんでしたが、どうやら今夜のディナーはすべてのテーブルが同時進行していくらしいのです。

お店の中にはシャンソンが流れています。こんな雰囲気 ↓



まずは暖かいパンとカリカリに揚げた玉ねぎのチップを加えたバターが運ばれてきました。まあこれは写真を撮るまでもないでしょう。玉ねぎのチップがアクセントになって、これは普通においしかったです。
そして前菜は半分に割ったオマール海老のグラタン仕立て。

xmasdinner0020.jpg

う~ん、なんだか盛り付けがいまいち。(写真がいま2なのは大目に見てね。)でも大事なのは味だから・・・と思って食べてみると・・・う~ん・・・ソースのアルコールがあまり飛んでいなくて、アルコールくささが気になりました。
角切りにしてあるのはコールラビ(カブの一種)で、歯ごたえを残すためにさっと茹でてあったようですが、もう少し茹で時間が長いほうが甘みが出ておいしいと思うんだけど・・・。
せっかくのオマール海老がちょっと悲しかった。(あくまでも好みの問題ですが)

前菜が終わると、他のすべてのお客さんは思い思いにタバコを吸いにバーに行ったり、外の空気を吸いに行ったりのんびりしています。
私達はタバコは吸わないし、お酒もあまりたくさん飲まない(次の日仕事だったから)ので手持ち無沙汰で早くメインが来ないか待っていました。

隣の隣のテーブルのカップルも2人とも喫煙タイム中。夫はトイレタイム中。
xmasdinner0024.jpg

ようやく喫煙軍団が戻ってきていよいよメインは、鴨のオレンジ煮です。

xmasdinner0022.jpg

す、すごいボリューム。しかし皿が前菜と同じだし、フランス料理の繊細さがみじんも感じられない。
でも大事なのは味だから・・・。
まず手前に見えるのはチコリを焼いたもの、左右に2本あるのが鴨の骨付きモモ肉。そして真中はジャガイモのミルフィーユ仕立てでその向うに焼いたオレンジスライスが添えてあります。
では肝心のお味のほうは・・・オレンジのソースはおいしかったです。ただ鴨は塩漬けにしてあったのか塩分が強く、そのため身がしまって柔らかさが足りない。骨付きで食べにくいという難点はヨーロッパ人には感じないのかもしれませんが、あのお肉の量に対するソースも少なかった気がします。
このお店のお料理はそれほど極端に塩辛かったわけではありませんが、おいしかったと満足のいくほどでもありませんでした。

さて、最後はデザートです。しかしここでまた他のお客さんたちは喫煙タイム。
私達は早く食事を終えて帰りたかったのですが、あくまで全員同時進行のようでデザートが出てくる気配がありません。しびれを切らした夫がもう少し進行を早くして欲しいと言いに行くと「もうすぐ出ます」との返事。しかしまだ出てくる気配なし。
ついにせっかちな夫は怒りだしてしまいました。「もういいから勘定してくれ!」と言いに行くと(ウエイターはほとんどテーブル席を見に来ないでバーにいる)やっとのことでデザートが出てきました。

xmasdinner0027.jpg

デザートはイチジクのミルフィーユです。薄く焼いた生地の間に甘く煮たイチジクとクリームをはさんで何層にもしてあります。
メインのボリュームがすごかったので(少し残しました)すでにお腹はいっぱいで、さらにお腹が膨れそうなミルフィーユは半分も食べられませんでした。
で、感想は・・・生地がちょっと粉っぽかった。私はイチジクというものをあまり食べた事がないので、味に慣れていないせいもあるかもしれませんが、イチジクの甘さがメインで味に変化が足りない気がしました。私個人の意見です。

味についてはドイツのフレンチなのだからドイツ人の味覚に合わせて作っているのは仕方のないところだと思います。(ドイツ人は塩辛い味付けが好きで、薄味のものには塩やソースをたっぷりかけます。)シェフはどうもアラブ系の方のようですが(たぶんドイツ生まれか育ち)、彼の味が日本人の私達の好みには合わなかったということです。それより気に入らなかったのがお店のサービスの仕方。
まず全員同時進行で運ばれてくるということをはじめに言っておいてくれたらまた違ったのでしょうが、自分達のペースで食事ができなかったことが不満でした。
さらに同時進行のため、一つの料理を出し終えるとウエイターはバーに引っ込んでしまって全く様子を見に来ません。バーテンも兼ねていて、タバコを吸うお客さんがバーに移動してワインのお代わりをするからです。
最近になってレストラン内は仕切られた部屋がある場合だけ喫煙ルームを作れることになり、基本的には禁煙となりました。しかし食事の合間に喫煙ルームに移動してタバコを吸う人がたくさんいては、タバコを吸わない私達は待たされるばかりです。分煙も良し悪しです。

それにこのお店は家庭的な雰囲気を売りにしていることもあって、常連さんたちとお店の人が仲がいいのはいいんですが、シェフは知り合いのテーブルで一緒に食事をしていて、食事の進行はそのテーブルを中心に進められているようでした。そのテーブルの人たちが食べ終わってひとしきりおしゃべりしてタバコを吸い終わったら、シェフがおもむろに次の料理を出しに席を立つのです。
私達以外のテーブルの人たちもみんなタバコを吸うので、彼らとペースは合っていたようです。しかしシェフはタバコを吸わない私達のテーブルには全く注意を払っていませんでした。夫が怒って「勘定を」と言ってはじめて「ペースが遅すぎましたか?」と聞いてきたんです。
彼に招待されて食事に行ったならともかく、私達はお客として行ったのですから、お客のペースを考えて欲しかった(様子に気を配って欲しかった)です。

結局へそを曲げてしまった夫はデザートを食べずに勘定を済ませて帰って来ました。楽しいはずのクリスマスのディナーも後味の悪いものになってしまいました。
知り合いといっても何のしがらみもない人なので、今後このお店にはもう行かないと思います。

楽しくておいしいディナーの記事を書く予定だったのに、愚痴ばっかりになってしまってごめんなさい。ブログでぶちまけでもしないと、気分が収まらなかったもので・・・。
当分は外食せずに、自分達で作ったものをおいしく頂くことにします。

今年も残すところあとわずか。健康には注意して、元気に明るく新年を迎えたいものですね。
そして年明けからまたテニスで熱くなりたいです。
みなさまもお体に気をつけて、よいお正月をお過ごしください。
来年もよろしくお願いいたします。

美咲
この記事に対するコメント
せっかくのディナーが!
美咲さんご夫婦にとって、貴重な時間だったはずなのに、
これは残念でしたねv-409
合理性を追求した結果の、全員同時進行だったかと思いますが、
ここまで喫煙者にこびなきゃならないなんて、ヘンなのv-403
シェフが知り合いの客と一緒にお食事してたら、まずいでしょう。
給仕の責任者もいたはずですけど、その担当も一緒だったのかしら?!
お金をいただいて食事と時間をサービスしているって自覚を欠如してるなんて、プロの風上にも置けない!。
せめて「喫煙者のためのお店です」って、断り書きを示してくれていれば、ねぇ。

あ~、わたしも一緒になって頭から湯気を出しちゃったv-393
それにしても美咲さん、バターたっぷりのお料理がこのボリュームなら、
きっとすごいことになりそうだから、この後は日本食をおすすめしちゃいますv-392
【2008/12/28 15:54】 URL | smash #T5DPT7Jo [ 編集]

ドイツって・・・
ドイツでのクリスマス・ディナーがどんなものか興味津々で見させていただきました
やっぱりドイツってきめ細やかさが足りないんでしょうか
せっかくの楽しいひと時が残念でした
日本の方が喫煙者に厳しいのかしら
私も長い間タバコを吸っていましたが、5年ほど前にやめました
だってどこに行っても吸えないお店ばっかりだったし・・・
海外ではもっと吸えないと思ったからですが

・・・でもこんなレストランばかりではないんでしょう?
今度は是非見た目も味も美味しいお店に行ってくださいね~(^^)
ってドイツでそれを期待しちゃいけないとか?(笑)

もうちょっとの辛抱ですね
ではでは良いお年をお迎えくださいね~v-290
来年もヨロシク~v-354



【2008/12/28 20:33】 URL | momo #- [ 編集]

smash(のびた)さん
場所柄通りすがりのお客さんが入ってくるようなお店ではないし、常連や知り合いと和気あいあいとやるのは結構ですが、それならそれですべてのお客さんに細かい気配りをするとかしなければレストランとはいえないですよね。
小さいお店なのでオーナーのシェフが給仕の責任者でもあるんです。その彼が一緒に食事をしていたのではサービスどころではありません。
きっと彼の趣味でやっているお店なんでしょう。
とにかくここにはもう行く気はありません。

バターたっぷりの食事はめったにしないので、このあとはまた質素な食事に戻ります。日本人でよかった。
のびたさんまで一緒になって怒ってくださってありガト~というかすみません。
良い年をお迎えくださいね。来年もよろしくお願いします。
【2008/12/28 21:45】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

momoさん
ドイツの食文化はかなり遅れていると思います。(日本に比べて)
もっともヨーロッパにはドイツと同じような状況の国ももっとありますけど。
ドイツ人の味覚については言いたいことがたくさんありすぎて、エントリーが一つできるくらいなので、機会があったら書いてみますね。

ドイツは喫煙者がものすごく多いですよ。
喫煙ルームのないレストランでは、食事中にわざわざコートを着込んで外に吸いに行く人もたくさんいます。食事の1時間かそこらも我慢できないんでしょうか。
(このディナーは3段階しかなかったのに3時間近くかかりました。)
レストランが分煙になったのも今年からで、それも州単位での法律なのでまだまだ全国には行き渡っていませんし。
早くドイツ中のレストランが禁煙になって、吸う人が減らないかしら…。
(喫煙者を悪者と思っているわけではなく、食事の場を楽しく過ごしたいだけですので誤解無きよう)
こちらこそ来年もよろしくお願いします。
良い新年をお迎えください。
【2008/12/28 21:58】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

あらら。。。
美咲さん、お知らせいただいてありガトです♪
楽しいはずのクリスマスディナー、ダンナさまが怒るぐらいテンポが悪かったのですね。。。
量が多そうなので、パッパと出てこないとすぐにお腹がいっぱいになりそう。
お店の雰囲気の動画、とっても新鮮です。
店構えを拝見する分にはお洒落ですけど、たしかに盛り付けといいセンスがないかも。。。
ハンブルグでは会場の周りのメキシコ料理、インド料理、イタリア料理、ホテルのレストランは創作料理だったかしら?
それからドイツ料理もハンブルグ名物ウナギのスープも、量は多いけどとっても美味しくいただきましたよ。

とにかく喫煙者を優遇するなんて、オーナーが煙草好きだったのですね(・_。)
今度は美味しいお店に当たりますように!
お料理のお写真は明るい方がおいしそうに見えるので、露出補正プラスにするとより明るくておいしそうな画面になりますよ。
またドイツのお写真を楽しみにしています。
【2008/12/28 23:38】 URL | アイリーン #iqGKCwmE [ 編集]

アイリーンさん
間が空きすぎたせいで、メインからデザートに移る段階ですでにおなかいっぱいでした。デザートは別腹とはいっても、すぐに出してくれないと食べられませんよね。
オーナーシェフはお店のインテリアや雰囲気にはこだわりを持っているんです。
ナイフ・フォークは銀製だったのですが、配る時にウエイターは指紋が付かないように手袋をしていました。そこまで気を使うのなら、お客の様子にも気を使って!と思います。
もちろんドイツにもおいしいお店はありますので、次回はもうちょっと慎重にお店を選びたいと思っています。

露出補正プラスにするんですね。Avモードにはしていたんですが、そこから何を調整すればいいのかわからなくて。次は頑張ります。e-287
来年もどうぞよろしく。素敵な新年をお迎えくださいね。
【2008/12/29 07:25】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


コメントを伺っていると、いろんなことが見えてきて興味深いですね。
国や州によって異なる喫煙者に対する制度とか、
露出の違いによって写真の美味しさ具合が変るとかねv-21
アイリーンさん、露出ってどういじるのかわたしも全くわかりませんでした。
これを参考に、遊んで見たいと思います!
ありガト~~v-222
【2008/12/29 12:51】 URL | のびた #T5DPT7Jo [ 編集]

のびたさん
のびたさんのお写真はいつもきれいに撮れてるじゃありませんか。
自分で状況にあわせて露出とかシャッタースピードなどを調整するのは難しいです。やっぱり時間をかけてカメラと仲良くなるしかないですね。

国による習慣や考え方の違いを、「○○オリンピック」などの名前をつけて比較してみるのも面白そう。v-501v-502v-496v-499・オランダ(国旗がない…)は強制参加です。(笑)
【2008/12/29 18:48】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

あらら
ほんとにフレンチには見えないお料理ですね(ってフレンチ知ってんのか)フレンチって大きなお皿にちょこっとお料理がのってるイメージでしたからv-369 やっぱり日本のフランス料理の店が一番美味しいんじゃないかなぁ(知ってる範囲で)

私達は間違っても高級フランス料理の店には入らないのでこういう経験はしないですが、やはりあちこち行って見ない事にはどこか美味しいのか判りませんものね。 他人が美味しいとお勧めしてくれても、自分が美味しいと感じるかどうかわかりませんしv-392 フランスに1週間いて昼も夜も外で食べたうち、驚くほど美味しかったののって1箇所だけ。フランスパンなんかもイギリスのスーパーで売ってるのと大して変わりない味だったり・・・

ドイツには一度しか行っていないし、その上お腹をこわしていて楽しみにしていたソーセージも食べ損なってしまいましたv-395 でも、アウグスぶるグのB&Bで「うちに泊まらないか」と招じ入れてくれたお兄さんがハンサムだったのと、翌日の朝食の豪華さは今でも目に焼きついてます。
【2008/12/30 00:07】 URL | Rafafa #PaPLcPMw [ 編集]

Rafafaさん
ドイツ人はたっぷりのボリュームがないと満足しないので、よっぽどの高級店でもない限りは大きなお皿にちょこっと乗ったお料理ではお客を呼べません。大柄な人種なのである程度は仕方がないです。
日本の食文化は世界一といっても過言ではないと思います。特に大都市では食べられない料理はないっていうくらいさまざまな国のレストランがありますよね。
やはり手先の器用さと出汁の文化が、充実させている元になっているんじゃないでしょうか。

ドイツのソーセージは基本的には日本人には塩辛いかも。私はよく野菜と一緒にスープに入れるのですが、そうすると塩分が抜けて出汁もよく出るのでおいしいスープができます。
>アウグスぶるグのB&Bで「うちに泊まらないか」と招じ入れてくれたお兄さん
それは独身時代の話ですか?v-392ドイツに住みついちゃえばよかったのに。v-415
【2008/12/30 00:58】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


泊まったはいいけど。翌朝にはそのお兄さんはいなくなっていましたv-409 ハンサムさんとは縁がないので、ハンサムでないのとくっつきました。ドイツに住みつけなくて残念! あ、でもやっぱりもっと南の方を旅するんだったv-393
【2008/12/30 04:36】 URL | Rafafa #PaPLcPMw [ 編集]

Rafafaさん
もっと南のスペインを旅していたら、情熱的なラテン男に出会っていたかも…。
なあ~~んて、いまさらいっても仕方ないですね。v-16
現実に戻って仕事しよっと。v-216
【2008/12/30 07:53】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


また来てしまいました
国際色豊かなコメントの数々・・・楽しいです(^^)
各国の食文化ってかなり違うんでしょうね
日本のような小さい国が世界でやっていけるのも、各国の味を取り入れてより発展させているところなんでしょうか
一昨年もですが、オーストラリアの食事は本当に美味しかったです
カキやサーモン、海老や野菜、フルーツも日本のよりも味が濃くて素材の良さを感じました
食材とアレンジでどちらに重きを置くか・・・それがそれぞれの国の文化なのでしょうか
ドイツってあまり食事には関心が薄いような気がしていました
それに潔癖症の人が多くて禁煙大国だと思っていましたけど・・・
すいません、気を使わせて・・・(勘違いだったら・・・失礼)
私はタバコを吸っている人の気持ちも吸わない人の気持ちもわかってるつもりですe-454
今は断然皆禁煙にすべき派ですけど・・・(笑)


【2008/12/30 09:40】 URL | momo #- [ 編集]


ゴメン何度も
リンクありがとうございました~v-530
あまりに稚拙なのでお恥ずかしいです(苦笑)
それからボレリとのツーショット・・・カワイイですね(^^)
【2008/12/30 09:44】 URL | momo #- [ 編集]

momoさん
ドイツ人は食に関してはものすごくコンサバティブなんです。
20年位前までは魚(生でなくても)や生野菜はほとんど食べる人がいませんでした。
私のいるデュッセルドルフはそれでもまだマシなほうです。ヨーロッパでも大都市でないところは似たり寄ったりかもしれません。
それを考えると日本の食の発達ぶりはすごいです。(ただ食べ残しや、賞味期限の切れたまだ食べられるお弁当などを捨ててしまうのはもったいないですが。)

実は禁煙大国どころか喫煙大国なんですよ。おじいちゃんやおばあちゃんでも吸う人は多いです。子供も。(16才以上は親の許可があれば吸える)
私も昔は吸っていました。ドイツはタバコが高いし、好きで吸っているわけじゃない(手持ち無沙汰だから)と気付いてかなり前にやめました。
他の場所はともかく、食事の場だけは禁煙にすべきだと思っています。

momoさんのブログはほんわかした雰囲気で心が癒されます。
私はもともと観戦写真や動画をアップする目的でブログスペースを借りたので、テニスシーズンに突入したらあまり更新しないかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。
写真は私はアンパンマンだけど、ボレリはかっこいいでしょ!v-238
【2008/12/30 18:06】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]

ボレリ
美咲さん、ボレリとのツーショット、宝物ですね^^
本当に彼がカッコイイのは、近づいてよくわかりました。
でも心は奪われていませんので、ご安心を(笑)
マラトに凍りついたのとは比べ物になりませんから~♡

リンクの件、ありガトございました。
私もアップしていなかった、暗めのお店で撮ったスペイン料理の写真を載せましたので、見ていただけると嬉しいです。
このお店はランチで週に2回は通ってしまう、味も気遣いもバッチリのお店なんです。
値段も安いので、日本にいらっしゃる時は是非、行きましょう!
参考までにどういう設定で撮ったか書いてありますので、カメラによってできること
できないことが違うと思うのですが目安にはなるかな。。。
のびたさんがさっそく、露出補正に挑戦なさっていたので、感心しました。
みなさんの前向きパワーをいただいて、私もカメラ、上手くなるように頑張ります~^^
もっとテニスを撮る機会が欲しいぞ!
【2008/12/30 19:29】 URL | アイリーン #iqGKCwmE [ 編集]

アイリーンさん
このツーショット、宝物にするには私がまん丸に写っていて(確かに丸顔ですけど)自分の姿は全然気に入らないんです。でもボレリがかっこいいからやっぱり宝物かな。
セクシー選手No1のマラトにはまだまだかないませんよ。私にとってはそのほうがいいんです。ライバル増えると困るもん。

リンクの件はこちらこそありがとうございました。
スペイン料理のお店、おいしそうでよだれが出ちゃいました。
設定まで丁寧に教えてくださってとても嬉しいです。
むむむ、のびたさんが早速露出補正に挑戦ですか?負けてはいられない。私も頑張らなくては。
まずはブレないように筋トレから。(笑)
【2008/12/31 09:24】 URL | 美咲 #n953mqEs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rheinturm.blog32.fc2.com/tb.php/15-b364f125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。