テニス観戦写真 別館


Twitter
プロフィール

rheinturm

Author:rheinturm
ATP観戦大好きな美咲です。
生観戦に行った時の写真は主に「観戦写真 本館」に公開していますが、別館は動画やテニス記事、ドイツの生活なども紹介しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドーハの悲劇 -優勝は若い方のアンディ!-
まずはアンディ・マレー君、優勝おめでとう!!

murray.jpg


そしてロディック・・・
昨日はロディックが優勝すると信じていると書きました。が、もちろんそのためには相当いいプレーができなければかなり難しいとも思っていました。

試合を見ての感想は・・・マレーは1枚も2枚も上手だった!
ロディックは決して悪いプレーだったわけではありません。
特に第1セットは第5ゲームをブレークされても集中力を切らすことなく、最後までチャンスを掴もうと一生懸命にボールを追いかけていました。
ブレークされたのはまあいつものパターンとも言える、ネットにおびき出されてパスを抜かれるポイントを連続して取られてのことでした。それでもズルズル行かずに気持ちを切り替えられていたので、もしかしたら第2セットは反撃できるか?と期待を抱いたのですが・・・。

とにかくマレーは賢いですね。
ロディックだってわかっちゃいるけど、短いショットを打たれたら前に出るしかない。フラフラとネットに出たところを鮮やかにパスを決められる場面を何度見たことか。
もちろん自分から積極的にネットを取りに行っていたせいもあります。まだ試行錯誤の段階なのでしょうが、ボレーが甘すぎますよね。

ハネスク戦では、ネット際の攻防でも落ち着いて対処できるようになっていたと書いたけど、マレーのほうがもっとよく見ているし反応も早い!しっかり翻弄されていました。

ライブでは第2セットの第3ゲームをマレーにブレークされたところまでしか見られなくて、スコアを知ってそこで集中力が切れちゃったかなと思っていましたが、帰ってから続きを見ると決して投げやりになっていたのではなかった。きっとこの敗戦からは学ぶことがたくさんあったと思います。
課題はまだまだいっぱいありますが、シーズンは始まったばかり。ステファンキコーチとの練習も始めたばかりですから、年の初めの大会で準優勝は立派な成績でしょう。

例年はシーズン初めはクーヨンのエギジビに出て全豪へというパターンで、通常の大会には出ていなかったロディックですが、今年はドーハに参戦して全豪へのいい準備が出来たような気がします。

タイトルに「悲劇」なんて付けたけど、本当に悲劇だとは思っていません。(アレの真似しただけ)
きっといつか君の努力は実ると思うよ、アンディ・ロディック!
最後にきちんと言っておこう。

アンディ・ロディック君、準優勝おめでとう!!




全豪2009悲喜こもごも
第4日目

トップハーフの2回戦は概ね波乱なく終わりました。
気になった結果だけをチェックしていくと・・・

ツォンガVSリュビチッチ 6-7,7-6,7-6,6-2
リュビチッチ頑張ったんですけどねー。いえツォンガに負けて欲しかったわけではなく、昨年はまったく元気がなかったリュビチッチが復調してきたようだったので、できれば勝たせてあげたかった。リュビチッチはタイブレークが多いけれど、あまり勝率はよくないような。タイブレークが取れるようになればもっと勝てると思うんだけど。

アンチッチVSカルロビッチ 5-7,7-5,4-6,6-4,6-3
クロアチア対決となったこのカード、アンチッチがフルセットの末カルロビッチをアップセット。とはいってももともとアンチッチはTOP10選手ですから、アップセットとは言えないかも。この試合だけが唯一シードダウンとなりました。昨年は病気の影響で十分な体調で戦えなかったアンチッチですが、今年は復活してくるでしょうか。ぜひ頑張って欲しいです。

アンドレエフVSグルビス 6-4,6-4,5-7,3-6,6-4
アンドレエフはまたフルセットですか。しかも2セットアップから。グルビスが意地を見せたということなのでしょう。グルビスからすればあと一歩だったのに残念。アンドレエフはホッとしたことでしょうね。長時間の試合が続いて体力は大丈夫かな。

ハースVSチポラ 6-1,6-2,6-1
ハースは調子がいいみたい。チポラを一蹴してます。全豪はハースの最も好きなGSですが、昨年は肩の故障で欠場しています。今年もその影響があるんじゃないかと心配しましたが、今のところは大丈夫そう。次はナダルです。ぜひいい試合をして欲しいですね。

ベルダスコVSクレモン 6-1,6-1,6-2
ベルダスコ強いですね~。昨年末あたりからめきめき力を発揮してます。デ杯の勝利がさらに彼を勢いづけた感じ。もしかすると今年はTOP10に入ってくるんじゃないかと思わせます。とりあえずこの全豪でどこまでいけるか注目ですね。

メルツァーVSベック 5-7,7-6,6-4,6-3
ステパネクVSベレー 6-3,6-2,6-7,7-5
予選通過のドイツ人はダブルで撃沈。どちらも1セット取れたのは救いですが。特にベックはまだ22歳の若手なので、これからの活躍を期待します。

このほかのシード選手は安泰。ナダル、マレーは相変わらずさっくり勝っているようです。ブレークやゴンザレスも調子がいいようですね。3回戦からはシード選手同士の戦いもでてきますから、ますますヒートアップすること間違いなし!
ボトムハーフで一番の注目カードはなんといってもフェデラーVSサフィンですよね。テニスファンなら誰でもが見たいこの試合、残念ながら私は仕事で見れそうにないなあ。あとから録画で見ます。ロディックはサントロに勝てるとは思うけど、油断は禁物。サントロは危険人物ですからね。しっかり頑張れよ!

[続きを読む...]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。